ドレスコードのある店の格式

ドレスコードとは、社会の中で様々な機会や行く場所によって、その場に相応しいとされる格式を重んじた服装のことをいいます。
行事や催し物、パーティなどの場面でも必要となる、周囲へ気を配ることを目的として始まったエチケットです。
ドレスコードは日本語で服装規定と呼ばれ、格式ある店ではこれによって入場を制限されることがあります。

日常の生活の中でドレスコードがある場というと、結婚式や葬儀といったセレモニーの場が多く、結婚式の場合、男性は背広を着用し、ネクタイは白いものを選ぶのが一般的です。女性はウェディングドレスの白色と被らないドレスや着物を選び、露出を避け、アクセサリーは控えめなものが好まれます。
葬儀のときは、喪章となる黒いネクタイや黒系のスーツ、着物を着る場合が多いです。他にも、神社の結界の中では帽子を脱ぐなど、様々な規定が存在し、それに合わせたフォーマルウェアもたくさん販売されています。
その場に相応しい服を選べるかどうかということは、選んだ服を着る人の格式を問われることでもありますので、店などで相談するか、周囲に尋ねるなどのことをして、きちんと調べる必要があります。
呼ばれている結婚式がどのようなタイプのものか、パーティに参加するときは、どの程度の規模のものかを把握して、主催者に対して失礼にならないものを選ぶことが大切です。
突然訪れる葬儀などの不幸は準備ができませんが、事前にわかるものなら調べておきましょう。

mv